そしてここから

特集テーマ「ごほうび」関連企画!
ライターにとっての「ごほうび」それは……
ズバリ、自分が書いた記事にリアクションをもらうこと!

そこで、ライターからライターへ、記事の感想や、記事を踏まえて執筆した書き下ろし記事をリレーしてもらう企画をお届けします。

今回のリアクションは【カジノポン】→【ひなた】へ!


2022年11月にkikusukuがオープンした。

あれから、1年と4か月?

「2022」という文字列はちょっと懐かしいものになって、「2024」が少し見慣れて、現実のものっぽくなってきている今日この頃。

このサイトがスタートした時の記事、ひなたの「はじめに」 | 掬 -kikusuku-(きくすく)に(少し)寄せて綴ってみる。

ひなたの「はじめに」

ゆっくりとしか、歩けなくなる時があります。それは本当にゆっくりと、一歩ずつ、その足の動きを、重さを、感じ取りながら。もうちょっと早く歩きたいなあと思っても、身…

どんな感じ?楽しく歩けている?

私はというと、先週新しく靴を買いました。久しぶりの紐靴。

ここ数年、私はだいたい紐を結ばなくていい靴を履いてきてます。結ぶやつだとほんとにすーぐ解けちゃうからって、紐がないやつだったり紐があっても結ばなくていいスポッと履けるやつばっかりを選んで。

走ろうかしらと思って買った”結ばない靴紐”ランニングシューズに、最近まで愛用していた”結ばない靴紐”コンバース。

こいつは友達との待ち合わせ時間までの空き時間にひょいっと入った靴屋さんで何足か試着させてもらった末に、1つは買わないと申し訳ないなと思って買ったやつだね。思い返してみると2022年10月。だいぶ経つのね。

履きやすくてほぼ毎日履いていたんだけど、その分そろそろ踵が擦り減って小指にマメができてきた。だから、新しい靴に変えなきゃって。ありがとうコンバース。

何年振りだろう、結ぶ紐靴。青のオニツカタイガー。まだちょっと人見知り。

靴を汚してしまわぬように足に意識を向けて、ズコッと地面を擦る音が聞こえるたび申し訳なくなったりしながら歩いています。

紐が解けて踏んじゃうのもごめんなさい。脱ぎ履きしづらいのもまだ慣れない。

だけど、この新しい靴で新しく遠くに行こうと企んでる。

自分の足が運ばれていく先がどんなになるのか楽しみ。

靴の寿命はたぶん人より短いから、一緒に歩くのを楽しんでくれるといいね。


カジノポン

kikusukuでライターをさせていただきます、カジノポンです。「カジノポン」と言葉で発したことがないので気恥ずかしいです。ぽんと呼ばれています。ロックンロールが好きで、なんだかよくわからないものに惹かれます。

特集テーマ【ごほうび】

特集
特集テーマ「ごほうび」
column
「ごほうび」にまつわる8曲【kikusuku2~3月のプレイリスト】
エッセイ
見上げると、同じ
essay
BrunoによるPixabayからの画像
塗り替えられたその下に
essay
PexelsによるPixabayからの画像
ちょっとしたごほうび
essay
客席から届けられる光があるとしたら

recommends!!

entertainment
ついに神木隆之介×浜辺美波が…!朝ドラ『らんまん』感想レビュー第11週:「心のままに」生きること
essay
「愛」についてのいくつかの覚書き
column
あたたかで柔らかな愛 『博士の愛した数式』
talks
バーチャル開放区2022入賞記念〜座談会「ともに生きる」ってどういうこと?【前編】〜
essay
クリスマスプレゼント
essay
a person wearing a white shoes while stepping on wet road
ひなたの「はじめに」

Follow me!!

↓この記事をシェア↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください